FairFrontiersプロジェクト

実践プログラム

FairFrontiersプロジェクト

プロジェクト概要

熱帯地方全域において、多様な焼畑農家や小規模農業が多数を占めていた森林と農業の最先端分野が、均質な商業主義的農業の景観へと、急速に変化しています。これら農地、休耕地、森林のモザイクから成るフロンティアは、複数の生態系に関わる共益事業や、社会的支援や、文化面、生活面の必需品を提供しており、農家が土地と資源に対して伝統的な権利を持つ地域です。

しかし、これは単純な変化の軌跡ではありません。土地利用の強化は、しばしば「持続可能な開発」という名目で追求されますが、期待された社会的、生態学的成果をもたらさないことが多いのです。こうした状況では、小規模農家は、地元の権力者や外部の投資家と比べ、受ける恩恵が少なく、これはつまり、森林や土地利用権をめぐる根本的な政治、制度、権力構造を反映しているといえます。

私たちのプロジェクト(FairFrontiers)では、学際的、分野横断的なアプローチを用いて、次のような問いを投げかけています。すなわち、「森林と農業のフロンティアは誰の権益で変化し、誰が利益を得て、誰が不安定になるのか」、「生態学的に持続可能で、社会的に衡平な結果をもたらすことができる政策オプションにはどのようなものがあるのか」です。

プロジェクトの構成と研究方法

これらの研究課題に取り組むために、プロジェクトは五つの研究段階で構成されており(図1)、マレーシア・ボルネオ島(サバ州、サラワク州)、東南アジア大陸(ミャンマー、ラオス)、コンゴ盆地(カメルーン、コンゴ民主共和国)の事例研究地域で調査を実施します。

最初の研究段階では、森林や土地に関する政策の歴史的(植民地的)な構成と、その現代的な道筋を掘り下げます。また、森林と農業のフロンティアにおいて、土地開発が政策によってどのように構築され、問題化しているかについて、批評的な言説分析を行います。二番目と三番目の段階は、様々な手法と参加型アプローチを用いて、生態系公益事業とウェルビーイングの組み合わせが、フロンティアでどのように変化しているかを検証します。第四の段顔は、持続可能な未来に関する知識の共同生産や、多様でローカルなナラティブの包含において学際的アプローチを適用し、従来は意思決定プロセスから疎外されてきた関係者グループと積極的に関与します。第五の段階は、体系化された定性的、定量的分析を用いて、モジュール、規模、国を超えた統合的な比較分析を行い、より衡平で持続可能な開発経路を可能にする、あるいは妨げているのはどのような状況なのかを明らかにします。ケーススタディ地域は、森林被覆、休耕地の多様性、不平等と人間のウェルビーイング指標、制度的、政治的統制、政策プロセスにおける民主主義と市民社会の関与など、異なる生態学的、社会的、制度的勾配に沿って独自の状況を提供しています。

これらのアプローチは、衡平性や、生態系公益事業、ウェルビーイングを評価するための理論と方法を発展させ、これら多様な状況に依存している何百万もの人々のウェルビーイングにとって、より衡平で持続可能な開発経路を可能にする条件と阻害する条件を特定するためのものです。

図1:プロジェクト構成
図1:プロジェクト構成

研究の進捗状況

これまでにわかったこと

このプロジェクトの分析のための枠組みは、権力と日常政治の理論、社会的で環境論的な正義、生態系公益事業の科学に基づいて構築されています。昨年は、衡平性の多次元的な評価に関する理論的概念と実証的手法に関する詳細な背景研究(図2)と、科学文献における森林辺境と先住民族の権利の表現方法に関する批評的検討を実施しました。さらに、25年以上にわたる共同研究を基に、政治経済学のレンズと国境を越えた視点を通して気候政策のアウトプットを検証し、衡平性と持続可能な意味を理解するための大規模な統合研究を実施しました(Brockhaus et al.)。

私たちの研究結果は、気候変動政策が土地開発と衡平性の約束の上に成り立っている一方で、森林と林地を運営する幅広い政治経済システムに挑戦することに、ほとんど失敗してきたことを示唆しています。症状や孤立した解決策にのみ焦点を当てることで、気候変動政策が森林開発における現在の慣行の社会的、環境的不公正を維持し、悪化させる危険性があると、私たちは考えています。

年報(業績一覧など)

図2:衡平性フレームワーク
図2:衡平性フレームワーク
この図は、社会的公正の四つの次元(手順、分配、背景、評価)がどのように解釈され、プロジェクトにおいて実証的に評価されるかをあらわしている。

メンバー

プロジェクトリーダー

WONG, Grace

総合地球環境学研究所准教授/Stockholm Resilience Centre, Stockholm University

プロフィール紹介

研究員

Samuel ASSEMBE-MVONDO(上級研究員)
DHIAULHAQ, Ahmad(上級研究員)
Catherine HEPP(研究員)
BOON Kia Meng(研究員)

外部評価委員による評価(英語)

研究スケジュール

2019年度
(令和1)
2020年度
(令和2)
2021年度
(令和3)
2022年度
(令和4)
IS/FS FS/PR PR FR1

研究の流れについて

研究一覧へ