Aakashプロジェクト

実践プログラム

Aakashプロジェクト

プロジェクト概要

インド北部のパンジャーブ地方では稲と小麦の二毛作が盛んです。ただし、地下水資源保護のため、雨期が始まるまで田植えが禁止されているので、稲刈りの時期が集中し、しかも、直後に小麦の種まきを行う必要があります。このため、大量の稲藁が10月下旬から11月初旬に焼却処理されており、その煙が大都市デリーを含む近隣地域の大気汚染を引き起こしていると考えられています(写真)。

近年は、藁焼きを減らすための政策もとられ始めていますが、そうした政策が実効性をあげるには、この地域の方たちが大気汚染による健康被害に対する意識を高め、自らの手で環境を改善していこうという気持ちをもっていただくことが大切です。そこで、私たちは以下の3つの班で活動を進めています。

大気班は藁焼きからの大気汚染物質排出量を推定し、これをもとにしたシミュレーションで藁焼きと地域の大気汚染の関係を明らかにしようとしています。シミュレーション結果は現地でのPM2.5観測データと比較・検証します。科学的なデータを示すことで、地域の方たちに藁焼きの影響を認識していただくことがねらいです。

健康班は、地域で健康教室を開催したり健康診断を行ったりすることを通じて、地域の方たちに、きれいな空気を保つことが重要だという意識をもっていただくことを目指しています。

農村班は、稲藁の有効利用方法の提案に向けて活動しています。現地の大学や研究所の協力も得て、地域の文化的・社会的背景を考慮しながら、利用方法を検討し、圃場での実験も行っています。

私たちの活動が、地域の方たちがきれいな空気を取り戻す一助になればと考えています。

写真1:パンジャーブ州、ルディアーナー県で撮影された稲の藁焼きの様子(2018年11月2日)
写真1:パンジャーブ州、ルディアーナー県で撮影された稲の藁焼きの様子(2018年11月2日)
図1:パンジャーブ州とハリヤーナー州の場所を示す地図。
図1:パンジャーブ州とハリヤーナー州の場所を示す地図。

研究の進捗状況

これまでにわかったこと

これまでにパンジャブ州では、2つのアンケート調査を実施しました。一つは村の代表者に、村ごとの稲藁の管理方法や藁焼きをした水田の面積を質問しました。それとは別に、パンジャブ全州にわたり2200世帯を対象とした質問票による聞き取り調査を行いました。その結果、大多数の農家が「大気汚染は問題であるが、デリーの大気汚染の主な原因はパンジャブでの藁焼きではなく、デリー周辺の汚染源である」と回答しました。この調査結果が示すように、パンジャブ州の農家は、デリーの大気汚染を避けるために藁焼きをやめることには納得していません。藁焼きとデリーの大気汚染との関連性を示す具体的な科学的証拠がないからです。我々は科学的証拠を示すための活動の一環として、藁の燃焼による大気汚染物質の排出量を、統計値と文献値から推定しました。(図2)

図2:統計データを元に推定した、現地で焼却処分された藁の量(乾燥重量)
図2:統計データを元に推定した、現地で焼却処分された藁の量(乾燥重量)。地図はパンジャーブ州、ハリアナ州、ラジャースタン州、ウッタラプラデッシュ州を含み、県別に示されている。単位はTg(メガトン)。

特筆すべき事項

藁焼きを止めるにはどうすればいいのか、様々な選択肢の中から、2つの有望な選択肢(1)米から他の作物への移行、(2)稲藁のバイオマス燃料としての利用、に焦点を当てることにしました。(1)では、2022年からアムリトサルの大学の圃場で作物の栽培実験を開始します。(2)については、近年、小規模なバイオマス発電所が多数建設されており、農家はそこに稲藁を売ることができます。しかし、ベーラー(藁をまとめる機械)を借りて藁を運ぶのにもお金がかかりますし、湿度が高いと高く売れないので、農家にとっては必ずしも利益にならないという問題があります。私たちは現在、日本企業、JICA、日本政府機関などとも協力して、新技術を現地に根付かせるための方法を模索し続けています。

年報(業績一覧など)

メンバー

プロジェクトリーダー

林田 佐智子

総合地球環境学研究所教授/奈良女子大学教授

プロフィール紹介

サブリーダー

須藤 重人(農業・食品産業技術総合研究機構)

研究員

安富 奈津子(助教)
村尾 るみこ(研究員)
SINGH,Deepak(研究員)
SINGH,Tanbir(研究員)
CHOUDHURY,Begum Abida(研究員)
荒木 晶(研究推進員)

主なメンバー

浅田 晴久(奈良女子大学研究院人文科学系)
上田 佳代(京都大学大学院地球環境学堂)
PATRA,Prabir K.(海洋研究開発機構地球表層システム研究センター)
梶野 瑞生(気象研究所)

外部評価委員による評価(英語)

研究スケジュール

2018年度
(平成30)
2019年度
(令和1)
2020年度
(令和2)
2021年度
(令和3)
2022年度
(令和4)
FS FS/PR FR1 FR2 FR3

研究の流れについて

研究一覧へ