SRIREPプロジェクト

環境文化創成プログラム

SRIREPプロジェクト

プロジェクト概要

環境汚染は人間の社会活動がもたらす深刻な問題です。特に、開発途上国では環境よりも経済が優先されるため、その解決への道筋が見いだされていません。私たちは、貧困と環境の問題を同時に解決し、持続可能な社会をつくる道筋を明らかにしたいと考えて研究を行っています。

対象としているのは、ASEAN諸国における零細小規模金採掘(ASGM)による水銀汚染です。ASGMでは手掘りした鉱石に水銀を混ぜ、水銀アマルガムとして金を抽出した後、加熱して水銀を蒸発させて金を得ています。この時。水銀を含む残土が河川等に投棄され、大量の水銀蒸気が大気中に放出され、全地球的な土壌や海洋の汚染につながっています(図1)。

この問題の解決を目指し、本プロジェクトは、地域住民や民間企業技術者、NGO職員、地方政府職員などと協働し、3つのレベルでの研究を進めています。1つめは、インドネシアとミャンマーのASGM地域において、多様なステークホルダーと科学者が共同体内で学習・実践することで、価値観を変化させ、問題を実践的に解決する手法を設計し、活動・協働するものです。2つめは、両国においてそれぞれASGM地域とそれ以外の地域の地域間ネットワークを構築し、市民協働により水銀汚染問題を国全体の問題と捉え、水銀ゼロを目指す活動を行うものです。3つめは、両国を含むASEAN諸国で、市民協働によるガバナンス強化を進め、水銀汚染問題に対処するための協働ネットワークの設立を目指しています(図2)。

これらの研究では、特に、問題解決につながる技術や活動、地域アイコンなどの「トランスフォーマティブ・バウンダリー・オブジェクト(TBO)」を活用することで、関心のないステークホルダーに強い関心をもたせ、共同体に参加するようにしたいと考えています。そして、ASGM地域の文化・社会・経済的背景を踏まえた、現実的な問題解決への道筋を示すとともに、ASEAN諸国全体で水銀汚染問題に取り組む機運を高めることを目指します。

図1:ASGMにおける水銀アマルガムプロセスと環境汚染
図1:ASGMにおける水銀アマルガムプロセスと環境汚染
図2:SRIREPプロジェクトの構成
図2:SRIREPプロジェクトの構成

研究の進捗状況

これまでにわかったこと

インドネシアおよびミャンマーにおける事例研究によって、ASGMによる水銀汚染に対して、TBOを活用することによって住民とトランスディシプリナリー実践共同体(TDCOP)を形成し、話しあい、学習および実践を行います。そのプロセスにおいて、住民の環境に対する意識や未来に対する希望に変化が出てきています。この住民の価値観の変容が持続可能な地域イノベーションをもたらすと考えています。さらに、「水銀ゼロ社会ネットワーク」によって、ボトムアップとトップダウンを連携させ、ASGMによる水銀問題解決への道筋解明をより一層進めることが可能です。

特筆すべき事項

事例研究では、CIVID-19の影響によって日本側メンバーが渡航できないという状況下においても、各TDCOPは2-3回/月の綿密なwebミーティングを継続的に実施した結果、各TDCOPは活発な活動を展開できました(図3)。特に、天然繊維研究グループは、ASGM地域の鉱山労働者の代替生業として、砂糖椰子繊維ネットを持続可能な新産業にまで発展させるため、TDCOPによる活動から、よりフォーマルな日イ両国の国際マルチセクター協働へと発展させつつありまあす。また、水銀ゼロを目指す地域間ネットワーク研究では、5/29および6/29に第5回および第6回の水銀に関連する「日本ASEAN重金属に関する医学セミナー」を開催しました。昨年度と同様に、参加者数は予想を大幅に超えて、第5回が217名、第6回が380名で、ASEAN諸国を中心に多くの参加者を得ました(図4)。また、第4回TREPSEA(2021.09.16-18)をonlineで開催し、のべ380人が参加しました。さらに、国内外メンバーが協働し、FR研究の直接的成果を国際学術雑誌で10編の論文が掲載されました。

年報(業績一覧など)

図3:インドネシア・ゴロンタロ州の事例研究におけるTDCOPの活動と連携
図3:インドネシア・ゴロンタロ州の事例研究におけるTDCOPの活動と連携
図4:第6回 重金属の影響に関する日本−アセアン医学セミナーのポスター
図4:第6回 重金属の影響に関する日本−アセアン医学セミナーのポスター

メンバー

プロジェクトリーダー

榊原 正幸

総合地球環境学研究所教授/愛媛大学社会共創学部教授

プロフィール紹介

研究員

WIN THIRI KYAW(研究員)
MEUTIA Ami Aminah(研究員)
METARAGAKUSUMA, Andi Patiware(研究員)
君嶋 里美(研究員)
MYO HAN HTUN(研究推進員)
竹原 麻里(研究推進員)

主なメンバー

草郷 孝好(関西大学社会学部)
松田 裕之(横浜国立大学環境情報研究院)
笠松 浩樹(愛媛大学社会共創学部)
島上 宗子(愛媛大学国際連携推進機構)
宮北 隆志(熊本学園大学社会福祉学部)
松本 雄一(関西学院大学商学部)
小松 悟(長崎大学多文化社会学部)
ISA, Ishak(国立ゴロンタロ州大学研究・社会貢献センター(インドネシア))
JAHJA, Mohamad(国立ゴロンタロ州大学理学部、国際交流室(インドネシア))
ABDURRACHMAN, Mirzam(バンドン工科大学地球科学部(インドネシア))
KURNIAWAN, A. Idham(バンドン工科大学地球科学部(インドネシア))
ARIFIN, Bustanul(ランプン大学農業学部(インドネシア))
ISOMONO, Hanung(ランプン大学農業学部(インドネシア))
BASRI(マカッサル健康科学大学(インドネシア))
BOBBY(Network Activities Groups(ミャンマー))

外部評価委員による評価(英語)

研究スケジュール

2015年度
(平成27)
2016年度
(平成28)
2017年度
(平成29)
2018年度
(平成30)
2019年度
(令和1)
2020年度
(令和2)
2021年度
(令和3)
2022年度
(令和4)
IS FS FS FS/PR FR1 FR2 FR3 FR4

研究の流れについて

研究一覧へ