サプライチェーンプロジェクト

環境文化創成プログラム

サプライチェーンプロジェクト

プロジェクト概要

中国やインドにおけるPM2.5による健康被害や、東南アジアやアマゾンの生物多様性の危機は、外国の環境問題ととらえられがちです。しかし、PM2.5の一部は、私たちの日常生活を支える製品をつくる工場から排出されているかもしれません。生物多様性を脅かす森林伐採は、私たちの家に使う木材を得るために行われている可能性もあります。

製品やサービスがグローバルに流通する現代においては、環境問題もグローバルに広がっています。しかし、家庭の消費行動や企業の調達行動が、グローバルなサプライチェーン(供給網)を通じて環境にどのような影響を与えているかは、まだ十分には明らかになっていません。本プロジェクトでは、それを、様々なデータの分析から明らかにしようと研究を進めています。具体的には、私達の消費データやサプライチェーンを通じた環境負荷のデータを組み合わせることで、東京、大阪、パリ、ムンバイ、ジャカルタといった都市の消費者がサプライチェーンを通じて排出したCO2を比較しています。都市や家庭を研究対象として、消費行動や調達行動のカーボンフットプリントや環境負荷を分析しています。

本プロジェクトの研究はデータに基づくものですが、フィールドの研究者とも協力して、研究を進めています。研究成果により、都市の消費行動のグローバルな環境影響を「見える化」し、消費行動や調達行動に変化をもたらすことができればと考えています。

研究の進捗状況

これまでにわかったこと

これまでの研究で、都市と家庭の消費が、どの程度の二酸化炭素がサプライチェーンを通して排出されているのかを明らかにしてきました。世界の都市は、その都市の中だけで完結しているのではなく、都市の外で生産された製品やサービスを消費しており、その過程で排出された環境負荷を理解することは、都市の持続可能性を理解することに役立ちます。また、少数の家庭が他の家庭に比べて非常に多くの環境負荷を出していることも同時に明らかになってきました。日本やインド、EU、インドネシアの都市のカーボンフットプリントは、ウェブサイトから結果を見ることができます。また、2018年度に世界約13,000都市の都市に暮らす人びとが消費を通じて排出する二酸化炭素(CO2)の量についての分析結果を公表しました。これまで、個別の事例で都市のカーボンフットプリントを計算した研究はありましたが、世界各国の都市のカーボンフットプリントを包括的に推計した研究は初めてです。二酸化炭素以外にもサプライチェーンを通じた様々な環境問題に取り組んでいます。例えば、世界各国の消費が、木材や食品の輸入を通じてどの程度森林伐採を引き起こしているのかを地図化することに成功しました。

これら研究成果は、学術雑誌「Environmental Research Letters」誌、「One Earth」誌、「Nature Ecology & Evolution」誌などに掲載されました。

京都をはじめとする都市は、直接環境負荷を排出するわけではなく、製品やサービスの輸入を通じて、都市の外側で環境負荷を排出しており、その実態を明らかにしようとしています
図1:京都をはじめとする都市は、直接環境負荷を排出するわけではなく、製品やサービスの輸入を通じて、都市の外側で環境負荷を排出しており、その実態を明らかにしようとしています。

特筆すべき事項

2021年度には家庭のカーボンフットプリントのドライバーを特定した研究結果を学術雑誌「Environmental Research Letters」誌に、森林伐採フットプリントの論文を学術雑誌「Nature Ecology & Evolution」誌に発表しました。また、予定です。学術誌だけでなく、ウェブサイトなどを通じて、広く情報の発信を行っています。

都市のカーボンフットプリントを地図化したWebサイトのイメージ
図2:都市のカーボンフットプリントを地図化したWebサイトのイメージです。
詳細は、https://city.spatialfootprint.com/ja/からご覧いただけます。

年報(業績一覧など)

メンバー

プロジェクトリーダー

金本 圭一朗

総合地球環境学研究所准教授/東北大学大学院環境科学研究科准教授

プロフィール紹介

研究員

NGUYEN, Tien Hoang(上級研究員)
LEE, Jemyung(上級研究員)
片渕 結矢(上級研究員)
FAHMI, Muhamad(研究員)
FARABI-ASL, Hadi(研究員)
李 馨萌(研究員)

外部評価委員による評価(英語)

研究スケジュール

2017年度
(平成29)
2018年度
(平成30)
2019年度
(令和1)
2020年度
(令和2)
2021年度
(令和3)
2022年度
(令和4)
IS/FS FS/PR FR1 FR2 FR3 FR4

研究の流れについて

研究一覧へ